監理技術者のお仕事の内容

監理技術者情報紹介サイト

SiteMenu

MailForm

お名前

本文

建築士、監理技術者ってどんな仕事なんでしょうか

監理技術者のお仕事の内容

最終回の今回は建築士、監理技術者についてご説明していきたいと思います。

建築士は恐らく、現場で最も重宝するであろう資格で、名刺に「建築士」という肩書を印刷するにもなんだかカッコいい感じがしますよね。

建築士は現場そのものを施工管理技士、建築主とは違うを視点から監理し、設計図通りに建設されているかを監理、更に基本設計、実施設計も行ういわば建築設計のプロ。

建築業界の中で設計士のお仕事は最も社会的責任が大きいお仕事ですから相当な覚悟と夢が必要ですね。

それでは監理技術者とは?監理技術者は、現場の技術水準を確保、保持するために置かれる技術者のこと。

1級建築士や1級施工管理技士などの国家資格を所有している人や1級国家資格を取得するまでの救済措置として大臣特定認定を受けている方を差します。

こちらも社会的責任はかなり大きくどちらも簡単になれるものではありません。

しかし両者共、夢をもち、努力をすればきっとあなたもなれる職です。