キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 大学での実習活動がすごい : 監理技術者情報紹介サイト

大学での実習活動がすごい

監理技術者情報紹介サイト

SiteMenu

MailForm

お名前

本文

監理技術者になるためには必須の大学生活

大学での実習活動がすごい

建築業界は前回もお話しした通り簡単ではないため、建築業界での出世も視野に入れるのであれば必ず、指定科目を修めて、2年から4年の学科実務経験を踏んでからようやく試験を受けることが出来ます。

そこまで学校で何を学習するかと申しますと、建築計画、都市計画、設計、パースなど学校とは思えない程本格的にまるで実際に建築士や監理技術者、設計士などとして働いているかのような学習なのです。

例えば建築物の構想から始まりエスキスを書き、具体的に構想していき実際に設計図を書いていきます。

学校では最初は手書きの設計図が多いのですが現代の設計はCADでの制作が一般的ですね。

その後、模型やパースを書いて構想中の建物がより現実的に、近いものとして出来上がっていきます。

最近の学校は所有地や指定の土地、または民間の業者などと協力し、生徒が設計したものを本当に形にしていくという本当に建築士や監理技術者として働いているかのような授業もかなり増えてきました。